魔法のオールインワン石鹸の効果で肌悩み解決

かぶれ・湿疹の原因とは?身近なものにも注意!

魔法のオールインワンせっけん

 

肌に直接触れたものが原因で、かぶれやかゆみ、ひりつくような痛みを覚えることがあります。顔や目もとにかぶれができるととても目立ちますし、かゆさのあまりかきむしって、赤く腫れたり湿疹が悪化することも・・・。ここではかぶれの種類や、かぶれを起こす仕組み、原因物質についてわかりやすくご紹介します。

 

かぶれとは?
一般的に「かぶれ」と呼ばれている症状は、正式名称を「接触性皮膚炎」と言います。これは、ある特定の物質が皮膚に触れたときに発症する湿疹性の炎症反応のことです。

 

かゆみやヒリヒリ感をともなったり、皮膚が赤く腫れあがったり、水ぶくれやただれ、ぶつぶつなどができることがあります。

 

かぶれ(接触性皮膚炎)には大きく分けてアレルギー性のものと刺激性のものがあり、また光が関与することで起こる光接触性皮膚炎(光毒性接触皮膚炎、光アレルギー性接触皮膚炎)もあります。

 

湿疹を起こす皮膚炎には、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、手湿疹やおむつ皮膚炎(おむつかぶれ)などさまざまなものがありますが、接触性皮膚炎はもっとも頻度の高い皮膚の病気のひとつです。

 

「肌のバリア機能」の低下もかぶれの原因

食生活の乱れや睡眠不足、間違ったスキンケアなど、さまざまな原因により、肌のバリア機能が低下することもあります。

 

バリア機能が低下してしまうと、ちょっとした刺激にも肌が敏感に反応し、かゆみや湿疹が起こりやすくなってしまいます。それまで使っていた化粧品が肌に合わなくなってしまうのも、バリア機能の低下による可能性があります。

 

かぶれ部分のかゆみが強くなっても、なるべく爪でかかないように気をつけましょう。かきすぎると角層を傷つけてバリア機能をさらに低下させたり、かぶれの原因物質を周囲の肌に広げたりする恐れがあります。

 

魔法のオールインワン石鹸で治しましょう

↓       ↓        ↓

http://www.gofranks.net/